「僕らの街」を元気にする。
「僕らの街」を守る。
好きであふれる「僕らの街」に
優しくする取り組みが
「ボクマチガーディアンズ」です。

ピックアップ記事

最新の記事一覧

  • 「ひがしいず幼稚園」の園庭に、芝生の苗を植えました。

    2024.06.15

    6/15(日)町立ひがしいず幼稚園(東伊豆町奈良本)の園庭に、今年の4月21日にエスパルス三保グラウンド横のエスパルスドリームガーデンで行われた『芝生のポッド苗づくり』で作った苗が育ち、これを園庭に植える作業のボランティアに、ネッツトヨタ静岡の有志5人で参加しました。

    幼稚園の先生、園児とご家族の皆さん、しずおか校庭芝生化応援団の皆さん、東伊豆町の町長さんも参加され、総勢80名ほどが集まりました。

    朝から天気がとても良く、気温も高い中での作業でしたが、子供も大人も熱中症に気をつけながら作業を行いました。

    「しずおか校庭芝生化応援団」の方から作業の説明を受けて、初めに苗を植える為の穴を地面に掘っていきます。園児たちもがんばって作業してましたよ!

    これが砂地なのですが地面が固く、ひとつの穴を掘るのにも大変でした。

    そして、決めた位置に全て穴が掘れたら、肥料をまいてその穴に苗を植えていきます。

    2~3ヶ月程で植えた芝生の苗が地面いっぱいに広がり、一面が芝生になるとのことです!

    園児達が緑の芝生の上で元気いっぱいに遊んでいる様子を想像するとなんだか嬉しくなりますね!

     

     

  • 明るく犯罪のない街を願い。ランニングパトロールに参加! 6/14 参加者 計57名

    2024.06.14

     しずおかランニングパトロールは、静岡新聞社・静岡放送と静岡県警察、活動の趣旨に賛同いただいた民間企業・団体などでつくる推進委員会が中心となり、県民の皆さまとともに展開する防犯プロジェクトです。ネッツトヨタ静岡もこの活動に賛同しランニングパトロールに参加させていただいております。 

     

    参加者の皆さんと一緒に夜間の街を走りながら、歩行者へ挨拶をすることで市民の皆様が防犯への意識を高めるキッカケとなり、明るく犯罪のない街になればという思いで活動されております。

     

     

     

    ◎ネッツトヨタ静岡 小黒店 参加者21名

      

    お集まりいただきありがとうございます。

    集合写真撮ってランニング前の準備体操始めますよ~~

    小黒店のエース「Tスタッフ」です!!

    さぁ、静岡の街に「ランニングパトロール」に出発です!

    今回は「JR静岡駅南口」を目指していきます!

    2024年3月10日に開催された「静岡マラソン」を走った「Mスタッフ」です!!

    参加いただきました皆さんお疲れ様でした。

    次回も宜しくお願いしますね!

     

     

     

    ◎ネッツトヨタ静岡 沼津店 参加者24名

      

    今回も多くの方にお集まりいただきました!ありがとうございます!

    出発前の恒例の記念撮影です!

    さぁ!沼津店を出発しますよ。

    それにしても19時を過ぎてますがまだ明るいですね!夏至は6/21です。

    今回は沼津店を出て駅北を回ってランニングパトロールするルートです。

    疲れてないですかー?まだまだ余裕な感じですね! 

    沼津駅北交番前に立ち寄り警察官の方と一緒に記念撮影しました!

     

     

     

    ◎ネッツトヨタ静岡 松崎店 参加者12名

     

    皆さんご参加ありがとうございます!

    松崎町役場の方や、下田警察署の方もご参加いただいております。

    当社からはネッツ静岡松崎店、下田店、ダイハツ松崎の社員も参加させていただきました。

    出発前にストレッチを入念に。

    お店を出発して松崎港方面をまわり、松崎高校前を通りぐるっと回ってお店まで戻るルートでパトロールに出発です!

    お店の前の那賀川の歩道に咲いている紫陽花がキレイですよ!

    西伊豆の夕陽スポットは「日本の夕陽百選」にも選ばれた所もあり、一年を通じて色んな表情を魅せてくれます。

    皆さん今日も一日お疲れ様でした♪

     

     

  • 網代港で真鯛稚魚の沖出し

    2024.06.12

    6/12に網代港の生け簀に真鯛の稚魚を移す作業に参加させていただきました。

    梅雨入り前で天気が良く、暑い日差しが降り注ぐなか行われました。

    沼津から専用のトラックに乗って運ばれてきた真鯛の稚魚を、網代港に設置されている生け簀に移す為に、港に着岸した運搬船の水槽に真鯛を手作業ですくって入れていきます。

    船に真鯛を載せたら生け簀まで移動し、真鯛をまたすくって生け簀に放つ作業です。

    小さな真鯛の稚魚ですが、卵からふ化してこのサイズ(2~3センチ程)に成長するまでには、大変多くの方々のご努力があってここまで来たんだなぁ~と思いました。

    この網代の生け簀で大きく育って、海に放流される日がくるのが楽しみです!

    静岡県海域では真鯛を増やすために、漁協、遊漁船業者、県・市ならびに静岡県漁業振興基金が協力して、毎年100万尾規模で「真鯛稚魚」の放流を続けています。

    これまでに、ネッツトヨタ静岡では、2021年6~7月に『あなたの1台が僕らの海を守ります!』と題して、期間内の新車のご購入1台につき、真鯛の稚魚100匹をお客様に代わってネッツトヨタ静岡が駿河湾に放流します!という企画を実施しました。このことから2021年11月及び、2022年9月に「真鯛稚魚放流事業協力金」を静岡県漁業振興基金へ贈呈させていただきました。

    【2023.7.23】沼津市内浦湾で真鯛稚魚の放流の様子

    また、2023年7月には「親子で体験!真鯛稚魚放流」を沼津市内浦漁港で開催し、参加者のご家族皆さんと一緒に水産資源の大切さを学びました。

    【静岡朝日テレビニュース】ネッツトヨタ静岡が静岡県漁業振興基金に協力金を贈呈し、子どもたちとマダイの稚魚を放流 2023.7.23

     

     

    これからも、この水産資源保全の為にネッツトヨタ静岡はこの事業に協力して参りたいと思います!

     

     

  • 「桑原めだか米」の 田植え作業に参加しました!

    2024.06.04

    6/4(火)に神奈川県小田原市桑原にて「ウエインズトヨタ神奈川」が地域貢献活動の一貫として取り組んでいる”桑原めだか米の田植え作業”を行うということで、ネッツトヨタ静岡の有志で7名で今回参加させていただきました。

    この地区は酒匂川を水源としており、絶滅危惧種に指定されている在来メダカの生息地で、この水質の良い川の水を栄養源にしていることから「めだか米」と言われております。

    田んぼの脇を流れる用水路の水がとてもキレイで、メダカをはじめ多くの小魚も泳いでいました。

    田植えの準備ができたら参加者の皆さんで水が張られた田んぼに入っていきます!

    横一線に並んでロープの目印を見て苗を取って植えていきます。田んぼに足を取られながらの作業は徐々に体力を削られていきます(笑)

    参加された皆さんが「地域や自然環境を大切にしたい!」という共通の想いで集い、慣れない田植え作業ですが皆さん楽しく行っておりました!

    普段なかなか体験することができない田植えをさせていただき、農業の大変さと豊かな自然環境の素晴らしさを改めて知ることができました。

    ご家族でのいい思い出になってくれたらいいな~と思いました!

    稲が育って秋の収穫が今から楽しみですね!!

    また美味しいお米が届けられるといいな~と思いました。

     

    桑原・鬼柳めだか米の会 (medakamai.official.ec)

  • 「砂の造形大会」前に島郷・志下海岸の清掃!

    2024.06.02

    6/9(日)に沼津市子ども会育成連絡協議会が主催の「砂の造形大会」が島郷・志下海岸で行われる予定で、「子どもたちが安全に造形大会を楽しめるよう、会場となる砂浜にあるゴミを一掃しよう!」ということで、前週6/2(日)に行なわれた海岸清掃(沼津市主催)にネッツトヨタ静岡の社員有志で参加いたしました。

    地元民でしたら小学生の頃、同様に体験されている方が多いのではないかと。。。 私自身も子供の頃に町内で参加した思い出があります!

    集まった参加者は約150名程で、沼津市役所の方、地域住民・消防団の方、学生さん、一般参加者・企業の方等で官民一体となって実施されました!

    沼津市役所からは、「頼重市長」もご参加いただき参加者の皆さんと一緒になって汗をかいておられました!

    記念撮影にも快くご対応くださり、「沼津を世界一綺麗にする会」の皆様と一緒に、写真を撮らせていただきました。

    前日の夜には大雨が降り、天気予報ではお昼頃には雨が降り出す感じでしたが、朝から晴れ間も見えてとても清々しい気分の中で活動することができました!

    開会式が終わると皆さん清掃エリアに入り、ゴミを拾って袋に詰める作業を行いました。

    海岸には大きな木の流木や小枝が多く、これらを中心にかき集めて拾って回収する作業をメインに行いました。

    中にはバーベキューで使用した炭や網、ライター、ペットボトルのキャップ、ビニール袋など様々なゴミも落ちてましたので、これらも拾い上げました。

    今回の参加者の中には、沼津の海を愛し、日頃よりこの海岸の清掃活動を行っていらっしゃる方がおり、大変有難いことだと心より感謝したいと思いました。

    参加された皆さんの活動により、海岸に落ちていたものはほとんど取り去ることができ、とても綺麗な砂浜になりました。これで子どもたちが安心して楽しく造形大会ができますね!!

    砂浜という厳しい環境下の中でも、力強く綺麗に咲いている花もありました。

    海ではマリンスポーツや釣り、散歩やランニングを楽しむ人もいて、皆が気持ちよく過ごせるキレイな海の環境をいつまでも維持したいですね!

    参加された皆様大変お疲れ様でした!

    PS:つい自動車会社っぽさを出してしまいました(笑)

  • 全店舗・事業所でゴミ拾い、清掃活動を実施しました!

    2024.05.30

    静岡県オールトヨタ10社、216店舗・事業所の約3,000名が参加し、5月30日【ゴミゼロの日】に『静岡県オールトヨタクリーン作戦』と題し、各店舗・事業所周辺や隣接道路等のゴミ拾い・清掃活動を行いました。

    ネッツトヨタ静岡の全店舗(レクサス・フォルクスワーゲン・ダイハツを含む)に於いても実施いたしました。今後もこのような活動を通じて、お客様や地域の皆様へ日頃からの感謝の気持ちを表すと共に、誰もが住みやすく、明るく安全な街づくりに微力ではございますが貢献したいと思います。

    「僕らの街」を元気にしたい。「僕らの街」を守りたい。「僕らの街」を好きであふれる街にしたい。
    僕らの街”静岡”がこれからもずっと豊かな自然と魅力いっぱいの街として続いていくよう、ネッツトヨタ静岡は皆様とともに様々な地域貢献活動に取り組んでおります。

    ⇒これまでの取組みは「ボクマチガーディアンズ」のホームページに掲載中!

      

     

    各店舗での活動はこちら♪

    ◆東部エリア

    ◎ネッツトヨタ静岡 沼津店・レクサス沼津・沼津BSセンター・本社

    ◎ネッツトヨタ静岡 U-TOWN沼津

    ◎フォルクスワーゲン静岡駿東

    ◎ネッツトヨタ静岡 長泉店

    ◎ネッツトヨタ静岡 御殿場店

    ◎ネッツトヨタ静岡 三島店

    ◎ネッツトヨタ静岡 三島加茂店

    ◎ネッツトヨタ静岡 U-TOWN三島、レクサスCPO三島

    ◎ネッツトヨタ静岡 商品化センター

     

     

    ◆静岡エリア

    ◎ネッツトヨタ静岡 清水店、ダイハツはごろも

    ◎ネッツトヨタ静岡 草薙店・フォルクスワーゲン静岡草薙・静岡本部・法人部

    ◎ネッツトヨタ静岡 流通通り店

    ◎ネッツトヨタ静岡 小黒店

      

        

    ◆富士、富士宮エリア

    ◎ネッツトヨタ静岡 富士店

    ◎ネッツトヨタ静岡 富士インター店

    ◎ネッツトヨタ静岡 富士宮店

    ◎ネッツトヨタ静岡 U-TOWN富士

     

     

    ◆伊豆エリア

    ◎ネッツトヨタ静岡 修善寺店

    ◎ネッツトヨタ静岡 伊東店

    ◎ネッツトヨタ静岡 下田店・ダイハツ下田

    ◎ネッツトヨタ静岡 松崎店・ダイハツ松崎

     

     

  • 沼津の街からゴミを無くそう!

    2024.05.26

    5/26(日)に「沼津を世界一綺麗にする会」主催のゴミ拾い活動に、ネッツトヨタ静岡の社員有志13名で参加させていただきました。明電舎の社員の皆様もご参加いただきまして、総勢23名での開催となりました。

    私たちは今回で2回目の参加となりますが、主催者の皆様の「沼津を綺麗にしよう!」という強い気持ちと、これまで行われてこられた活動に改めて感謝いたします。

    9時にJR沼津駅南口に集合し、説明を受けて出発準備を整えてゴミ拾いスタートです!

    この場所から各自、沼津港付近の集合場所まで各々のルートで道端に落ちているゴミを拾いながら進んでいきます。

    今回で2回目になるのですが、捨てられるゴミや落ちている場所がわかってきた感じがします。

    捨てられたゴミで多いのが「タバコの吸い殻」です。続いて多いのが「ペットボトル」「空き缶」「空き瓶」ですね!

    ゴミが多く落ちている場所は、街路樹の植え込みの中や、自動販売機周辺とかが多い感じです。一見して見えない所にゴミは捨てられる傾向にあると思います。

    ゴミ拾いの最中に、通りがかりの方や、地域にお住まいの方から「ご苦労さま!」「ありがとう!」と、お声がけいただきとても嬉しい気持ちになりました。

    企業市民として微力ではありますが、こうした活動でゴミが減り、綺麗で住みやすい街づくりに貢献できるように今後も継続的に活動したいと思いました。

    参加された皆さんお疲れ様でした。IPhoneで表示された歩数は9,427歩でした!!

    次週6/2(日)は、沼津市島郷海岸の清掃活動への参加を予定しております!

  • 栗畑の草刈りのお手伝いをさせていただきました!

    2024.05.23

    ここ一条竹の子村では、タケノコ狩り以外にも1年を通じて様々なものの味覚狩りが体験できます。今回は栗畑の中に伸びてきた雑草を刈る作業を、5月23日にネッツトヨタ静岡の社員有志10人でお手伝いをさせていただきました。

    作業を始める前に一条竹の子村の女将さんが、ここで作っている「ニューサマーオレンジ」の生絞り特製ジュースを出してくれました!とてもフレッシュで美味しかったです。

    歩いて栗畑まで向かう道沿いに流れる川がとてもキレイで、水の流れる音を聞くといつも心が癒されます。

    栗畑にたどり着くと、腰の背丈程伸びた雑草の多さに圧倒されました!

    草刈り機に燃料を入れてスタンバイします。

    下田店からは営業スタッフのSさんも参加いただき手伝ってくれました!普段から地元の地区の雑草狩り等もお手伝いされているとのことで、服装がさまになっています。

    畑の中にはミツバチの巣箱があり、ミツバチが活発に活動している様子をみることができ非日常感を感じることができました!

    女性陣には栗の苗木の周りを丁寧に手作業で雑草を刈っていただきました!

    ネッツトヨタ静岡ではこのような活動を通じて、地域産業の振興を願い、地元静岡の素晴らしい環境や良さを少しでも多くの方に発信できればと思っております!

     

     

    昨年秋に一条竹の子村で行った「四方竹狩り&竹細工体験会」の様子も良かったらご覧下さい!

     

     

    一条竹の子村 ⇒公式ホームページ

     

     

  • 海を綺麗に。片浜海岸のゴミ拾いを行いました。

    2024.05.19

    5/19(日)に「沼津を世界一綺麗にする会」主催の片浜海岸のゴミ拾い活動にネッツトヨタ静岡の社員有志で参加いたしました!

    今回で2回目の参加となりますが前回より参加者が増えて、ネッツトヨタ静岡岡からは16名が参加させていただきました。

    心配された雨もなんとかもって降られずにすみました!

    海岸に落ちているゴミは色んなものがあります。中でもペットボトル、プラ製品物は多いですね!軽いので漂着されたものが多いのかと思います。

    しかし、ゴミの中には明かにここで捨てられていかれたと思われる、BBQの残骸物やダンボール等落ちてました。

    巨大な何かの配管も回収しました。これは後日別の機会に回収していただけるようです。

    9時から10時30分まで参加された皆さんでゴミを拾いを行いました。実施した場所はゴミを回収でき綺麗になったと思います。しかし、海岸は東西に広く片浜海岸はその一部のエリアになりまだまだゴミは多く残ってます。

    千本浜海岸付近でも地元の方や、ボランティアの方々がゴミ拾いや清掃活動を行っていらっしゃるようで本当にありがたく思います。

    今後もできる限り参加させていただき、沼津を一緒に綺麗にしていきたいと思います!

  • 石部の棚田の「田植え祭」に参加しました!

    2024.05.18

    畔切、畔塗が終わり田んぼに水が入り、いよいよ田植えが始まるということで、5月18日~19日に「田植え祭」が開催され、18日(土)にネッツトヨタ静岡の社員有志で参加させていただきました。

    今回は田植えということで、この田んぼのオーナーさんと保存会やボランティアの方々を含めて140名程の方が集まりました。

    この日の天候は晴天で日差しが暑いくらいでしたが、棚田に吹く風が心地よかったです。

    受付後、今回私たちが田植えをさせていただける区画に移動し、係の方に田植えの仕方を教えていただきました。

    水が張られた田んぼには、オタマジャクシやカエル等の生物がいて、昔小さい頃に見た風景がふと思い起こされ懐かしさを感じました。

    田んぼに足を踏み入れて、横一線に並び配られた苗を掴んで、竹に印が付いたところを目印に苗を植えていきました。

    はじめは何ともない作業かと感じましたが、泥に足を取られ思うような動きができず、腰をかがめての作業はすぐにつらい作業へと変わりました。

    これだけの面積の田んぼに手で植え付ける作業を昔から行ったこられたことを考えると、本当にすごいことだなと実感しました。

    私たちは、普段お米はスーパー等で簡単に購入できておいしく食べることができますが、お米を作るということがこんなに大変で時間がかかることを改めて知ることができ感謝の気持ちでいっぱいになりました。

    このボランティア活動に参加させていただき、この棚田のオーナーさん・地域の方々や保存会の方々の棚田に対する想いを感じることができました。私たちも微力ではございますが、地元にあるこの美しい棚田と景観の保全活動に協力できればと思っております。

     

     

    下記の写真は、2017年に棚田で行われた「石部の灯り」の際に取材者が撮影した写真です。その他もchafuka(チャフカ)で掲載しておりますのでよかったらご覧下さい!